×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

長期間添乗員を続けるために     HOMEへ

節約術、副収入から資産運用まで

世間では以外と知られていないかも知れないが
ほとんどの添乗員が旅行社の社員ではなく
派遣添乗員で、その待遇がアルバイトとなるため
長年続けることは大変です
そんななかで
長期間添乗員を続けているケースは
大きくふたつのパターンがあるとかと思います

*******************************

ひとつは待遇の良い添乗員派遣会社に登録して
高収入を維持することです
ただし待遇の良い派遣会社には
添乗のエキスパートが集まる傾向があり
添乗員の評価もきびしいことが多いようです

例えていうと野球するのに 
PLや早稲田の野球部に入るようなものです
チームが甲子園に出場できる可能性は高いですが
あなたの能力によっては
補欠になる確立が高くなり
チームが甲子園に出場できても
甲子園のグランドには立てず、スタンドで応援ということも


派遣元会社にあなたが行きたい観光の仕事が入っても
すべてレギュラーが行ってしまい
あなたにまわってくる仕事は
下積みの仕事ばかりということもありえます


しかしあなた自身の能力に自身があるなら
挑戦してみて下さい
このような会社へは旅行社から
多くのアサインが優先してまわされるので
あなたに能力があり会社から認められれば
行ってみたい場所の仕事がまわってくる可能性は
十分あると思います

私の場合は自分自身の能力を謙虚に受け止め
ここでは通用しないと自己分析しました


*******************************

もうひとつの方法はマイナーな派遣元会社へ登録し
不安定で低収入の中
別収入を確保しながら添乗員を続ける方法です
有能な添乗員が比較的少ないため
以外と早期に希望の仕事がまわってくるかもしれません
何事も立ち上がりでもたつくことの多い
スロースターターの方にはまず
こちらで経験をしっかり積むことをお勧めします


野球で言うと激戦区東京や大阪の選手が
地方の野球チームへ入り
甲子園を目指すような感じでしょうか

私は有能な添乗員ではありませんでしたのでどちらかと言うと後者でした
前述の通り待遇の良い派遣会社は添乗員の評価がシビアな傾向にあります
有能な添乗員は続けれると思いますが
そうでなければ
思うような仕事が自分のもとへなかなかこなかったり
会社で請負う仕事の量が減ると
仕事が回ってこなくなる可能性があります。
(仕事がなくても月々の収入が保証してくれる派遣会社であればいいのですが。)
(正社員待遇の派遣添乗員は少なくほとんどの会社がアルバイト待遇です)

いづれにしても

12月以降春先まで仕事量が減り収入が減るのが現状で

ここで多くの添乗員が辞めていきます。

 

もともと私は、塾の時間講師の仕事をしており

平日を塾講師と家庭教師、土日を添乗という形態から始め

勤めていた塾が閉校したことをきっかけに添乗員専属へと方向転換していきましたが

毎年12月には極端に仕事が減るため

冬場は別のアルバイトで収入を得るようにしていました

ただし添乗をメインで考えていたので、添乗の仕事が入たら

休んでもよい(休みを自由に自身でコントロールできる)

仕事というと比較的限られてきます

ちなみに私の場合はやきいも屋(移動販売)をやっていました

こんな添乗員世界中探してもいないだろうな思いながら・・・

 

別に焼きイモ屋にこだわる必要はありませんが

冬季における仕事の減少等、不安定な要素を考慮すると(特に後者の場合)

何らかの経済的計画を準備しておく必要があると思います

 

突然なんですが

ロバートキヨサキ氏という投資家をご存知でしょうか

別に知らなくても大きな問題ではないですが

ただ彼のセリフの引用になりますが

金持ちに共通することは

必ずしも金持ちは多くの収入を得ているのではなく

支出を抑え

資産を運用しているのである

収入が多くても貧乏な人は多いというような内容です

添乗員と金持ちはおまり結びつきませんが

重要というか感銘したポイントは

低所得者でも金持ちになる可能性があるということです

(金持ちにならなくても比較的楽に生活できる工夫ぐらいは可能かも)

 

私が言いたいことは

1)小さな収入でも支出を抑える工夫をする

2)冬季に副業をする

3)資産をうまく運用する

4)添乗員の特権を利用して権利収入を得ることを考える

というのもひとつの考えということです


 

 1)

例えば宿泊添乗が続けば食費は抑えれます

自宅にいる時間が少なければ光熱費も安くなります

また打合せ、精算時の交通費を工夫すればある意味

支出を抑えることをできます(公開HP上なので具体的内容はここでは割愛します)

 

 

もちろん前者を目指し一流添乗員になれると思える方は

仕事の少ない冬季を利用して

歴史、地理の勉強をしてさらに自分を磨くのも良いでしょう

来期に備えリフレッシュを兼ね将来添乗しそうな海外旅行にいくのも良いでしょう

勉強のためにはロマンチック街道なんか・・・(自分に投資する訳ですね)

(添乗員がガイドをしないといけないコースをお勧めします)

 こっそり案内を録音ししたり・・・

 


2)〜4)

また、副業、資産運用

その可能性のあるものを表にしてみました

あくまで参考までです

不動産運用

株、金融商品

その他

 マンション1室オーナー

国内株式

ネットワークビジネス

 マンション全棟オーナー

海外株式

HPでアフリエイト収入

 

投資信託

ネットオークション

 

為替

短期アルバイト

 

各種先物

SOHO在宅ビジネス

 

 

印税収入

 

 

 

 


多くの金融商品、不動産他で共通することは

安く買って高く売れば利益になり逆をすれば損をします

言うのは簡単ですが、これが人間の心理が働くと意外と

むづかしいく損をしている人も少なくないようです

経済、人間の心理等をしっかり勉強する必要があります

 


不動産投資はかなり資金がないとむづかしいと思いますが・・・・

以前に資金無しで投資物件のマンションオーナーになれるという話をTVで見ましたが

自分で体験したわけではないので・・・・・・

 


金融商品は比較的小さな資金で運用が可能です
金融商品の売買には証券会社等に
口座を開設する必要があります
(ほとんどの証券会社で無料口座を作れます)
私の株取引の経験から
お勧めの証券会社(すべて逆指値注文できる)
をいくつか紹介しておきます
興味のある方は下記リンクから資料を請求して
あなたにあった証券会社を見つけて下さい

※あくまで個人的感想です

※株式の売買には証券会社に口座を開設する必要があります。まずは資料請求

証券会社(資料請求)

特色

備考 

 
オリックス証券

逆指値可

連続注文可能

 

 

 




楽天証券

 

 

逆指値可

マーケットスピードが魅力 

 

 

 

 


マネックス証券

逆指値可

夜間取引可 

連続注文可能

 

 

 

kabu.com証券

逆指値可

夜間取引可 

連続注文可能

 

 

  

株の売買で成功している人の多くははルールを決めて
そのルールに沿って売買いしているようです
そのために重要なのは買い、利益確定、損ギリのタイミング
になります。その強い見方が逆指値注文です
(逆指値注文⇒ 自動損切=○○○円以下になったら売る
や○○○円以上になったら買うができます)
※通常の方法では下がった株を買う
又は上がった株を売る注文しか出せせん


また効率的な売買をしたい方や
日中が忙しく株価を気にできない方には
連続注文ができるとさらに便利です
連続注文とは
ある買い注文や売り注文が約定したら自動的に
次の注文できるように予約注文できる
システムです

例えばA社の株を買い注文し
買いが約定すれば+200円で売り注文を出す
A社株が売れたらB社株を買う等です
ここまでできるとかなり自動売買に近づきます


もう1社だけ追加します
逆指値や連続注文はできませんが
口座開設後2ヶ月間は全銘柄売買手数料無料です
例えば200円の株1000株買い201円で売却すれば
1000円の利益が出ます(手数料=0のメリットは大きいです)
同じ売買でも、往復で2000円以上手数料がかかる会社もあります

証券会社

特色

備考

丸三証券

口座開設後2ヶ月間

売買金額上限なしで

手数料無料

夜間取引可

 

 

 

 

 

証券会社選びのポイントは

手数料、可能な取引、利用できるシステム といったところでしょう

私は複数の証券会社に口座を置き

その中で楽天証券のマーケットスピードと

リアルタイムスプレッドシートいうシステムを使用し

EXEL 上でリアルタイムの株価を表示させて

そこで解析して必勝法を日夜研究しています

 

口座管理料が無料の会社が多いので口座を開設して

しばらく(半年〜1年位ほとんど売買せず、解析だけするのも一つの方法です)

※ただし定期的に手数料が発生する取引をしないと

一部システムに対して使用料が発生する会社もありますので注意して下さい・・

 

特定の株を買うことに不安な場合は

日経平均連動ファンドも良いでしょう 

ダイワ上場投信-日経225  


日経225連動型上場投資信託 等です

日経や東証の平均ですから会社のように倒産はなくのまたリスクは低くなります



債券を買うのも1つの方法です

プロに任せる方法です

ただしプロでも負けることはあります

ネットワークビジネスでも大きな外資系(A社、N社等)のセミナーに行ったり

日本のS社(耳つぼ関係の商品販売)の話を聞いたりしましたが

私にはどれも矛盾を感じ、あきらめました

(詳しくは理由は書きませんが、現状を維持する為の一種の

ノルマがリスクになる可能性があるように・・・)

世界最大手の数社でさえ物の質はともかく

世間一般(日本国内)でのシステムへの評価はあまり良いようには思えません

別に全否定するつもりも肯定するつもりもありません

私の周囲の感想です

実行前に その会社名 + 悪徳 でネット検索して

世間はどのように思っているのかを確認して参考にして下さい

またその会社の商品がYahoo等のオークションでどの位の値段で取引されているか

を確認して下さい

世間がその会社の商品をどの程度の価値に考えているのかが見えてきます

定価と落札価格に大きな開きがある場合はその原因を良く考えて下さい


ホームページやブログで人を集め

アフィリエイトで稼ぐのも手かも知れませんし

メルマガで情報商材(レポート)を売ることもできるかもしれません

ホームページ作成に関しては機会があれば別途説明いたします

ポイントサイトでこつこつ稼ぐのもいいかも知れません

無料でできるネット収入獲得術



ネットオークションで副収入という方法も考えれます

添乗員は交通費無料で思わぬ場所へ行ける可能性があります

高値で売れそうな物の目利きが必要になりますが

添乗中にこれぞという物を仕入れしたり

無料の記念品を持ち帰り

帰ってから Yahoo オークション等 で売ると

いう可能性もあるかもしれません

予断ですが

愛知万博の無料グッズがオークションで思わぬ高値を付けたものが

あったらしいですよ


ネット上によく見かける在宅ワークには気をつけて下さい

以前に 在宅入力ワークで 仙台の T社 の資料請求しましたが

システム使用料 15000円/月

という内容でした

仕事がなければ赤字?

確認するのもばかばかしく

即却下、無視で対応しましたが・・・

 


 

また海外添乗での情報をうまくまとめておき

将来本を出版するのも良いかもしれません

印税が入れば不労所得になるかも・・・

少しでも印税を考えたなら、合間を見つけ

しっかり電子データでレポートを残しておきましょう

 


まあ工夫や計画はいろいろできると思いますので

早めに将来設計を考えてみて下さい

また良い方法があれば公開してよいものがあれば

情報提供頂ければとおもいます

 

情報提供する

 

2〜3年添乗員をして行きたい所を行き尽くした後

別の職に着く事を考えている方や

家が資産家でお金には全然困っておらず

趣味で添乗員をされている方には

あまり関係ないかも知れませんが・・・

 

HOME へ